じふのブログ

人は、語ることの出来ないものに対して沈黙しなければならない。

自殺の名所のパラドックス

 

 

 

  • 日本には、「自殺の名所」と呼ばれる場所がいくつか存在する。富士の樹海や、福井県東尋坊などがその代表的な例だろう。

 

  • 調べてみたところ、世界に目を向けてみてもそういった場所は存在するらしい。(主に橋や崖から海への飛び降りが多いようだ)

http://karapaia.com/archives/52122197.html

 

  • しかしながら、こういった「自殺の名所」と呼ばれる場所は如何にしてそう呼ばれるようになったのだろうか?

 

  • 口コミか?

 

  • いや、死人に口なしだ。自殺者が「あそこ良かったよ」なんて言うことはできない。この点においてまず「自殺の名所」という言葉に矛盾がある。

 

  • 思うに、「もし自殺するならここで死にたいな」という感想を抱くような場所、及び価値観は、多くの人で一致しているのではないか?

 

  • あるいは、潮流などの関係で水死体が流れ着きやすい→死体がよく見つかる→自殺の名所、というふうに後付けで呼ばれるようになったか。

 

  • もし前者が正しければ面白いと思う。世界が終わる前日とか、東尋坊に行列が出来たりするんだろうか

 

  • 海や水場が多いのも個人的には気になる。溺死ってかなり嫌な部類の死に方じゃない……?

 

  • 実際のところ、誰が「自殺の名所」とか言い出したのか。

 

  • まあ地元の人のブラックユーモアみたいなやつなんだろうな。

 

  • 例のワニを見ても、「死」というものがコンテンツとして強いことが分かる。みんな死に興味あるんだな〜

 

  • 「死」を経験したことのある人間は1人として存在しない。従って、誰もが未経験である死に好奇心を持つことは自然なことだ

 

  • 類例として、Twitterで反社系のレポマンガがウケる理由も近いところにあると思う。未知の世界への好奇心というものはウケるのだ。

 

  • ところで、今日は私の大学の卒業式だ。早く着きすぎ、時間を持て余して喫茶店でこの文章を書いている。

 

  • 卒業式の日に死の事を考えるというのはどうなんだと思ったが、まあ卒業っていうのも学生生活の死みたいなもんだしな。

 

  • 卒業おめでとうございます。

ウイルスに絶対感染しないたったひとつの方法


 

近頃、テレビ・ネットのニュースは連日新型コロナウイルスの話題で持ち切りになっている。

 

その猛威は世界中に広がり、今や4000人以上の死者が出ているらしい。(出典:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200310/k10012323881000.html)

 

経済は混乱を極め、情報が錯綜する中で問題になっているのがデマだ。

 

現在、愉快犯目的のものから、転売を狙ったものまで様々なデマがワイドショーやSNS上を飛び交っている。

実際のところ、まだ分かっていることが少ないためにこういったデマが広がるのだろう。

 

 

そんな中であるが、今回は私から皆さんに、新型コロナウイルスに限らずウイルスに感染しないためのたったひとつの方法についてお教えしたいと思う。

 

他の情報は全てデマなので決して信じないでほしい。

 

 

 

 

 ウイルスには、たったひとつ、確かな弱点が存在する。

 

 

 

 

 

 

 

ウイルスのたったひとつの弱点

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「才能」である。

 

 

 

 

 

 

「才能」とはどういうことか、説明しよう。

 

まず、新型コロナウイルスに限らず全ての生物は、増殖することを目的としている。(ウイルスが生物かどうかの議論はさておき)

 

しかし、ウイルスは自力で増殖する能力がない。

そのため、新型コロナウイルスのようなウイルスは、ヒトの体内に入り、ヒトの細胞を利用することで増殖するのだ。

 

ここで、「ヒトの体内に入る」という部分がキーポイントになっている。

 

ウイルスがヒトの細胞を認識して増えるということは、

人間離れした才能を持っていればウイルスにヒトだと認識されず、感染しないのである。

f:id:nobuyaguitar:20200311144007p:plain

 

 

 

実際に、米国タテジマ・ノースリーブニット大学の実験によると、

ウイルスの充満した部屋に「錦織圭」と「大学からテニサーに入って自分のラケットもろくに持ってない飲み会だけ来る大学生」を24時間閉じ込めた結果、

大学生だけが全身の臓器が破裂して溶けて死んだらしい。

 

 

「自分には才能がない」という方も安心してほしい。

才能がなくても、ウイルスにヒトだと認識されないもっとシンプルな方法がある。

 

それは、「狂う」という方法だ。

 

そう、単純にまともな人間がしないようなことをすれば、ウイルスに人間だと認識されないのだ。

 

 

具体的には、

  • 動物園で全裸で詰め将棋をして動物相手に知能でマウントを取る
  • 金玉の裏にICチップを埋め込み、金玉で改札機にタッチして通過する
  • 娯楽として抜歯する
  • 自分に全身麻酔をかけ、目覚めた瞬間また全身麻酔をかける。これを繰り返す

などの行為でウイルスに一切感染しないことが実証されている。

 

 

さらに、この方法には、自分が感染しないだけでなく感染拡大を防ぐ効果もある。

 

現在、コロナウイルスの感染拡大や経済の混乱により、世界は少しずつ「狂う」方向に向かっている。

 

図にするとこんな感じだ。

 

f:id:nobuyaguitar:20200311160841p:plain

そこで、なぜ自分が狂うことが感染拡大を防ぐことになるのか?

 

 

 

皆さんは、慣性の法則をご存知だろうか。

 

慣性の法則は、物体が加減速するとき、加減速とは反対方向に力がかかるという古典力学の法則のひとつだ。

簡単に言えば、急ブレーキで前方に放り出されたり、ジェットコースターで体が後ろに引っ張られたりするアレである。

 

 

 

察しの良い方ならもうお気づきだろうか。

 

そう、自分が世界よりも早いスピードで狂うことで相対的に世界が「正しい」方向へと導かれるのだ。

f:id:nobuyaguitar:20200311162352p:plain

 

つまり、感染拡大やそれに伴う経済の混乱も矯正されていくのである。

 

世間が混迷を極めている今だからこそ、一人一人が問題意識を持ち、協力していかねばならない。

 

当事者意識をもって、この危機に取り組まねばならないのだ。

 

 

 

 

さあ、今こそ手を取り合って、狂おう。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200311163933p:plain

 

 

大根は過大評価されている

 


 

こんにちは、じふです。

 

めちゃめちゃに寒い日とうっすら寒い日が交互に続いているような今年の冬だが、皆さんは体調にお変わりないだろうか。

 

私は先日起床してすぐにだるさを感じ、風邪かな?と思って体温を測ったら

ちょうど、ピッタリ平熱だった。(ただダルかっただけ)

 

今年はそういうことが何回かあった。

 

 

 

さて、暖冬とはいえ体調を崩しやすいこの季節、

栄養バランスに気を配るうえで重要なのは適切な量の野菜を摂ることである。

 

 

 

そう、野菜。

 

それは健康を維持するために不可欠であり、一般によく食べられている植物。

 

調理法によって様々な顔を見せてくれる野菜は、品種改良を経て世界中の食卓に並び続けている。

 

 

あなたは野菜が好きだろうか?

私は好きだ。

 

あの彩りと豊かな食感が、食事を「食事」と呼べるものにしていると思うし、

やはり食事の中には不可欠だという感じもする。

 

 

しかし、そんな野菜の中にも、現在の地位に甘えて向上心を忘れてしまった者たちや、しばしば過大評価されている者がいるように思えてならないのだ。

 

私はそれが悲しい。

世の中にはもっと評価されるべき野菜がいるはずなのだ。

野菜に限らず、世の全てのものは実力に見合った評価を受けるべきである。

 

今回は、そんな過大評価されている野菜たちを、理由とともにランキング形式で晒し上げていきたい。

 

 5位から紹介していこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

5位 大根

 

 

  • 形が人参のパクり。人参の2Pカラーかよ 。
  • デザインが無個性すぎる。無印良品のモデルルームに置いてそう。
  • おでんの大根の旨さはつゆの旨さであり、大根自身の旨さではない。出汁や調味料の味を借りないと力を発揮できない腰ぎんちゃくのような野菜。ソロでやっていく実力はない。
  • 「大根役者」「大根足」など、マイナスイメージの強い名前にもかかわらず、イメージを改善しようという努力が全く見られない。

 

 

 

 

 

こんな感じで進めていく。

ノリが掴めてきただろうか?

 

それでは4位から2位を続けて見ていこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

4位 ごぼう

 

  • 汚すぎる。もう少し清潔感に気を配って欲しい。
  • 泥を落とす、アクをとるなどの手間がかかるわりには主役になるポテンシャルはない。
  • パッと見そのへんの根っこと見分けがつかない、不親切な野菜。森に落ちてても誰にも気づかれない。
  • 硬くて持ちやすいため、凶器になり得る。子供の手の届かない所に置かないと危険。

 

 

 

 

 

 

 

 

3位 レタス

 

  • キャベツのパクリ。大根と違って色味まで似せている分、より悪質。
  • 煮る、包むなど調理の幅が広いキャベツと違い、生でかじるぐらいしか食べ方のない野蛮な食べもの。応用の効かない愚鈍な野菜
  • 葉物野菜のなかで最も栄養がない詐欺植物。
  • 応用の効かない愚鈍な野菜のくせにちょいちょい高くなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

2位 春菊

 

  • すき焼き以外で絶対に使われることのない、大根を越えるパラサイトフード
  • すき焼きのうまさを自分の実力だと勘違いしている、出来の悪い2世タレントのような野菜。
  • そもそも名前に「春」って入ってるのに旬が冬なのが意味が分からん

 

 

 

 

 

 

ここまでで評価基準や傾向なども掴めてきたのではないだろうか?

 

それではお待ちかねの1位、ぜひ皆さんも予想してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1位 パクチー

 

  • 臭すぎる、意味が分からん、何なんだこれ
  • 調和もクソもなく全ての料理をパクチー味に染め上げてしまう。まるで枯山水庭園に土足で踏み入られるような強い不快感を覚える。
  • これだけ臭いのに、世の中には専門店もありファンもいる。つまり、パクチーには強い依存性と味覚を破壊する幻覚作用があるので、一刻も早く法で規制すべきである。

 

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

いかがだっただろうか。

もちろん、私個人がつけたランキングなので、賛否はあるかもしれない。

 

しかし、これを見て、私たち一人一人が普段当たり前に受け入れている、

野菜について改めて向き合うきっかけになればいいと思う。

 

 

誤解しないでほしいが、

今日挙げた5つの野菜についても嫌いというわけではない。

 

ただこれらの野菜が自らの伸びしろを自覚し、さらに飛躍してくれることを願って厳しい言葉をかけたのだ。

 

そう、すべては野菜への愛ゆえなのである。

 

 

そう……

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128231610p:plain

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128231640p:plain



 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128232238p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128232613p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128232902p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128233404p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:nobuyaguitar:20200128233429p:plain

 

 

 

 

 

おわり

 

 

昔作った曲供養場

 

こんにちは、じふです。

 

最近ブログが更新できていないので、

大学2回生の時にフリーのDAWソフトで作りまくった曲の中から気に入っているものを、せっかくなので供養していきたいと思います。

 

バンドでやることを前提としていたので、ミックスがめちゃくちゃだったり尻切れトンボだったりするかもしれませんが、よろしければ聴いてみてください…

 

 

 ① 白鯨

 

 

 

 ② EDEN

 

 

 

アウトサイダー

 

 

 

④ Stray Dog

 

 

 

フラクタル

 

 

 

ギャングスタ

 

 

 

⑦ 芥として

 

 

 

⑧ Latest Apes

 

 

 

⑨ Drive your body

 

 

 

⑩ Golden Retriever

 

 

 

⑪ mask

 

 

理性のスジを伸ばせ

 

私には、以前から行ってみたい場所があった。

 

メイドカフェだ。

 

10年ほど前から広く認知されるようになり、日本のサブカルチャーの代表的なものの一つとして、現在では外国人観光客も多く訪れるらしい。

 

以前から興味はあったもののなんとなく行くタイミングが掴めずにいたが、

三連休を控えた金曜日、私はふと思い立った。

 

週末の天気予報をチェックする。

三連休にかけて爽やかな秋晴れ、絶好の行楽日和。

 

いや、メイドカフェ日和じゃないか。

 

なんとなく、ここで行かなければ一生行く機会が無いような気がして、ひとり友人を誘った。

 


f:id:nobuyaguitar:20191106171445j:image


f:id:nobuyaguitar:20191106171459j:image

 

カスかよ。

 

 

しかし、私たちは二人ともメイドカフェに行くのは初めてだ。

システムもマナーも何もかも分からない。

 

このままでは初めて丸亀製麵に行ったとき店員にされたように、メイドにため息をつかれてしまうかもしれない。

 

 

せめてドレスコードは守ろうと考えた私はチェックシャツに身を包み、めいどりーみん・なんば店へと向かった。

 

 

店は雑居ビルの3階にあり、ワンフロアがまるまる店舗になっているタイプの店だった。

パステルピンクの看板が4か国語で誘っている。

 

私たちは本物のメイドカフェを目前にして緊張してしまったので、1階のセブンイレブンで買った酒を飲んで、緊張をほぐすことにした。(セブンのカップワインはかなりうまい)

 


f:id:nobuyaguitar:20191106172103j:image

 

 

 



f:id:nobuyaguitar:20191106171535j:image

 

大量発生中らしい。そんな害虫みたいな。

 

 

エレベーターに乗り、3階へ向かう。

ドアが開くと同時に、萌えの暴力が襲い掛かってきた。

 

内装はピンク、ピンク、ピンク。

客の服はチェック、チェック、チェック。

 

完全にイメージ通りだ。初めて来たはずなのに既視感がすごい。

 

 

BGMは爆音のアニソンだったが、不思議と落ち着く。

むしろこの空間にBGMを付けるとしたら、爆音のアニソンしかないような気がする。

 

祝日ということもあって店内は満席に近い状態で、よくみると男性だけでなく女性のグループの客や、外国人のカップルなども目立った。

 

 

 

席に通され、メイドからシステムなどの説明を受ける。

 

なんでもこの空間は「夢の国」らしく、通貨単位は「りーみん」らしい。

 

すごいぞ、これで外国に行くのは4度目だ。

ちなみに為替レートはたまたま1円=1りーみんだった。

 

 

また、この国ではメイドに触れると溶けてしまうらしい。

 

そこはグロいな…などと思っていると、メニューが運ばれてきた。

 

 

パフェやオムライス、パンケーキ、パスタなどスタンダードなカフェメニューが多い印象だ。

価格も1000りーみん前後と、特別割高でもないように感じた。

 

しかしメニューをよく見てみると、ビール・ハイボール・カクテルなどのアルコール類や、おつまみ系が意外と充実していることに気づいた。

 

焼酎やシャンパンなんてのもある。

 


f:id:nobuyaguitar:20191106172022j:image

 

誰が頼むんだこれ……

 

 

とりあえず、私たちはおすすめされたお食事セットを2つ注文することにした。

チェキやお土産のウサミミカチューシャがついてくるらしい。

 

妖精さんが作ってくるので少々お待ちくださいね~♪」

 

メイドさんはそう言ってメニューを引き上げていった。

 

友人はこの時点で「そんなに高くないな… ランチとして普段使いできるな…」と呟いていて、早くも沼に片足を突っ込んでいた。

 

そうこうしているうちに私が注文したデミグラスソースオムライスとメロンソーダが運ばれてきた。

 

 

「オムライスにケチャップでお絵かきさせていただきます~♪」

 

これテレビで見たことあるやつだ!

この日一番テンションが上がった瞬間だった。

 

僕の顔を書いてくださいって言ったら普通に困ってたので絶妙に似ていないマイメロディを書いてもらった。

 


f:id:nobuyaguitar:20191106171959j:image

 

さらに続いて、「美味しくな~れ、萌え萌えキュン♡」というやつメイドさんと一緒にした。

「愛込め」と呼ばれる作業らしい。

 

 

俺の愛は入ってなくていいんだ、メイドさんの愛だけを込めてくれ、なんて思いながらオムライスを食べてみる。

 

 

いい意味で予想を裏切られた。

 

デミグラスソースからはコクと深い旨味が感じられ、大きなマッシュルームがゴロゴロと入っている。

 

ふんわりとした卵の中にはバターの風味が効いたチキンライスが詰まっていて、厚切りのベーコンがアクセントになっていてすごく美味しい。

 

おまじないの効果に違いない。

今度から家でも欠かさず愛込めをやろう。

 

 

そう思いながらオムライスを食べていると、今度は店内中央のステージでメイドたちのライブが始まった。

音楽に合わせてメイドがダンスをするというものだ。

 

その時座っていた席がステージの間近の目の前だったので、逆に目のやり場に困った。

 

面白かったのは、裏手でPA(音響の調節)をしていたのもメイドだったことだ。

 

令和のメイドは給仕やダンスだけではなく、PAも出来ないといけないらしい。

大変な仕事だ。

 

 

 

 

そうしてメイドカフェを堪能し、気が付けば2時間が経っていた。

 

幸い初入国であれば延長料金はかからないらしいが、もうそろそろ会計をとメイドを呼んだ。

ちなみに、この国ではメイドを呼びたいときは元気よく「にゃんにゃーん!」と言わなければならない。

もしうっかり「すみません」とでも言おうものなら、メイドから訂正と指導が入る。

 

 

会計をお願いすると、メイドはお手紙をお持ちしますので、すこしお待ちください♪」と言い残して引き返していった。

 

お手紙。なるほど、そういうのがあるのか。

嬉しいサービスだな~などと思っていたら、先ほどのメイドが戻ってきた。

 

「お待たせしました~♪」

 


f:id:nobuyaguitar:20191106172203j:image

 

伝票かよ。

 

 

帰る前に、セットになっていたチェキをメイドの方と撮るのだが、

他のメイドはみんな忙しそうにしていたので、誰が撮ってくれるのかな、と見ていると、

厨房から料理人の風貌の30代男性の妖精さんが出てきて撮ってくれた。

 

オムライスの味に説得力が出た気がした。

 

 

 

こうして店を出た私は、どっと疲れを感じた。

まるで重い物を持ち上げた後のような、普段使っていない筋肉を酷使した後のような感覚だ。

それもそのはずだ。

普段やらないようなことをこの2時間全力でやったのだから。

 

しかしそれと同時に、満足感というか、奇妙な達成感もあった。

 

 

 

 

思うに、メイドカフェは心のマッサージのようなものなのだろう。

恥ずかしさを捨てて世界観に従うことで、凝り固まった理性のスジを伸ばされるような、痛気持ちいいような感覚があった。

 

繰り返していくうちに心は柔軟になっていくだろうし、現に客のなかには理性のスジが伸び切ってダルンダルンになってしまっている人もいた。

これはクセになる人がいるだろうということも理解できた。

 

この感覚は、よそでは味わえないはずだ。

 

 

 

あなたも理性のスジ、凝り固まってませんか?

天気の子 感想 <日本アニメを体現した映画>

 

 

天気の子を観た。

 

見終わった直後は、期待値がかなり上がっていたこともあって、感動はしたもののモヤッとした物足りなさのようなものが残った。

 

しかし時間をおいて考えてみて、天気の子という映画について思うところが出てきたので、ここに記しておきたい。

 

 

「天気の子」は非常に挑戦的で、愛に溢れた映画だった。

 

 

 

まず、スポンサー企業の名前が劇中には多く出てきた。(Yahoo、バイトルソフトバンクなど)

これに関していわゆる”大人の事情”があることを感じてしまって冷めた、という意見も耳にした。

 

しかし劇中での扱いはといえば、バイトルでは主人公・帆高のバイトは見つからず、Yahoo!知恵袋では説教しか返ってこない。

そういうところはあくまでもリアルであり、個人的には制作陣の反骨精神というか、媚びない姿勢を感じて良かった。

 

 

 

 

次に、賛否両論あるのが瀧・三葉をはじめとする前作「君の名は。」のキャラクターのカメオ出演だ。

特に瀧はグイグイ来るしめっちゃ喋る。

 

これも、見ようによっては前作のファンに媚びているという風にとることも出来るが、私はむしろ真逆に捉えることも出来ると思った。

 

君の名は。」は、紛れもなく世界的に評価され、商業的にも成功した映画だ。

その素晴らしい作品の主人公たちが次回作に端役で出ていたとして、見に行きたくなるだろうか?

私ならむしろ見たくない。

 

天気の子という作品は「帆高と陽菜」のふたりの中だけで展開される近影的な作品だ。

この物語の中では帆高と陽菜の関係の中で物語は編まれていき、テーマの性質上、他の人物は「その他大勢」として描かれる。

 

その物語の中で、大ヒットした前作の主人公たちを、「その他大勢」のモブに落とし込んでしまうことは非常に勇気のいることだったのではないだろうか。

この演出には制作陣がこの作品に懸けているものが伝わってくる。

 

 

 

さて、ここからが本題だ。

 

 

天気の子では、数々のブログなどで「パクリ」と揶揄されている、日本アニメ映画へのオマージュも特徴的となっている。

 

帆高が叫びながら線路上を走るシーンは細田守監督の「時をかける少女」のラストシーンに酷似しているし、帆高と陽菜が手を繋いで空を落ちていくシーンは宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」の見せ場のワンシーンを彷彿とさせる。

 

そう、あまりにも似すぎているのだ。

パクリという言葉自体、他の作品のアイディアをあたかも自分のもののように見せることを指す。

しかしながら、明らかに有名な作品にここまで意図的に似せているとなると、もはやオマージュといって差し支えないだろう。

 

では、その目的は何なのか?

 

 

上述したように、この「天気の子」という作品は、帆高と陽菜の非常に狭い世界で展開される近影的な作品だ。

そしてこの二人の関係が世界の存亡を左右するという、典型的な「セカイ系」の作品でもある。(詳しくはググってください)

 

そういった観点からみると、天気の子は「新世紀エヴァンゲリオン」の系譜にあるとも言える。

 

しかしそういった「セカイ系」の作品自体、ゼロ年代以降めっきり少なくなっている。

 

私が天気の子を観た直後に感じた物足りなさは、今や見なくなった「セカイ系」への時代錯誤な印象であったのだ。

 

ではなぜ2019年に新海誠は「セカイ系」をやったのか。

それが先の問いへの答えとも繋がっていると私は考えた。

 

 

 

天気の子が公開された背景を考えてみると、「君の名は。」が大ヒットした直後の作品だ。世界的にも次回作への注目度は高まり、普段アニメや映画を見ない層にまで届くことになるだろう。

 

もはや日本を背負っているような、そういった状況で、新海誠は、「天気の子」に日本アニメ作品へのオマージュをふんだんに散りばめたのだ。

「パクリ」と誹られかねない忠実さで、それでもリスペクトを持って。

 

それも、消えゆく「セカイ系」という文脈に乗せて。

 

 

 

「天気の子」は、日本のアニメへ宛てたラブレターであり、レクイエムだった。

 

私はそう感じた。

 

 

 

おわり